ウレタン通気緩衝 - 塗装工事と防水工事|大阪・京都・奈良で直接施工会社なので格安です!朝日建装

塗装工事と防水工事の問合せ塗装工事と防水工事の問合せ電話
ウレタン通気緩衝

ウレタン通気緩衝

ウレタン防水通気緩衝工法

防水工事には、主に「密着工法」と「通気緩衝工法」があります。

密着工法は、狭小部位や既存下地がウレタン防水の場合に使用する防水工法となります。
既存の防水に直接ウレタン塗布により防水層を作成します。

通気緩衝工法は、既存下地がコンクリートの場合に使用する防水工法です。
下地がコンクリートの場合、密着工法ではコンクリートが発する蒸気によって内部から膨れを発生させてしまうことになります。
この膨れを防ぐ為に、通気性能がある通気緩衝シートと脱気塔により蒸気を逃がし膨れが起きにくくなります。

さらに、通気緩衝シートにより下地のコンクリートに起きる亀裂の発生を抑制することもできるメリットがあります。

ウレタン防水通気緩衝工法の工程

  1. 専用の接着剤を塗布し
  2. 通気緩衝シートを設置し
  3. メッシュと脱気塔を設置
  4. ウレタン防水を2層作成
  5. トップコートで仕上げ

屋上の様な広い場所に防水工事を行う場合は、ウレタン防水通気緩衝工法で防水工事をすることが適切です。

朝日建装では、専門家が現場を調査し最適な防水工法をお勧めしております。

防水工法参考ページ:
ウレタン防水
FRP防水工事
シート防水

大阪・奈良・京都で塗装工事や防水工事をしております。
ウレタン通気緩衝のページ