塗装工事・防水工事の下地処理 - 塗装工事と防水工事|大阪・京都・奈良で直接施工会社なので格安です!朝日建装

塗装工事と防水工事の問合せ塗装工事と防水工事の問合せ電話
塗装工事・防水工事の下地処理

塗装工事・防水工事の下地処理

塗装工事・防水工事の下地処理

塗装工事・防水工事で重要なことは、下地処理をどのように行うかです。
下地処理によって塗装のできばえが大きく変わります。
上塗り塗装を綺麗にするのは、機能的にも美観的にも大事なことですが、下地処理が不十分だと塗装直後や経年により仕上げ塗装へも影響します。

塗装工事の下地処理には次のような種類があります。

モルタル外壁の場合

セメント補修
段差や欠損部分があればセメントで補修します。
この時に、セメントを平らに丁寧にぼかすのがポイントとなります。

窯業系サイディングの場合

シーリング打ち替え
サイディングには漏水防止の為に継ぎ目にシーリングが充填されています。
このシーリング剤は、経年につれ弾力がなくなりヒビ割れや剥離などの劣化症状が出ます。
そうなってしまうと、防水効果がなくなり、内部に雨水が浸水しカビや雨漏りが発生しやすくなりますので注意が必要です。。

鋼板系サイディング、角波トタンの場合

ケレン
ケレンとはサンドペーパーなどの錆取り工具で錆を除去することを言います。
錆の発生部分だけを行うのではなく、壁面全体を擦る事で塗料の密着性が向上します。
錆で穴が開いてしまっている時は、部分的に取り替え工事をするかエポキシパテで穴を埋めます。

塩ビやプラスチック系の樹脂板の場合

目粗し
塩ビやプラスチック系の樹脂板は、錆びる事はありませんが、年数と共に劣化し、弾力がなくなり割れてしまうこともあり得ますから、定期的に塗装工事をした方が長持ちします。
下地処理としては、「サンドペーパー等による目粗し作業」と「相性の良い下塗り材の選択」が大事です。
いずれもこの後塗装工事を行うのですが、重要なのは素地に合った適切な塗料を塗ることとなります。

塗装工事は、「下塗り1回」+「上塗り2回」の基本を厳守することです。

屋根の場合は上塗りが1回でも良い塗料の種類がありますが、外壁の場合は殆どの場合に2回は塗装することが必要になります。

朝日建装では、「どういった下地処理をして」「どういう塗料を使うか」「塗料を何回塗るか」を慎重に吟味した上で丁寧な塗装工事・防水工事をさせていただいております。

大阪・奈良・京都で塗装工事や防水工事をしております。
塗装工事・防水工事の下地処理のページ